これは酷い!ドラマスタッフが嵐・松本潤に付けたとんでもないアダ名とは?

アサジョ / 2016年4月2日 9時58分

写真

 4月17日から、嵐の松本潤主演のテレビドラマ「99.9─刑事専門弁護士─」(TBS系)の放送が開始される。同ドラマは初回視聴率の苦戦が予想されるという。

「初回放送日である4月17日夜21時は、まず裏のフジテレビで、芦田愛菜とシャーロット・ケイト・フォックスの共演で注目される『OUR HOUSE』が放送。さらにテレビ朝日は、人気ドラマ『科捜研の女』のSPをわざわざ曜日を変えてまでこの日にぶつけてきますから、視聴率は分散することとなるでしょう」(テレビ誌記者)

 2月の段階から出演者が各番組で番宣を行い、ドラマ公式ツイッターでもスタッフが日々現場の様子を伝えるなど、宣伝に大きな力を入れている「99.9」。ところが、3月27日に公式ツイッターにアップされた「ごきげんな松本さんのことを、スタッフはこっそり、『ごき潤さん』と呼んでいます」という内容のツイートがファンの間で問題視されている。

「この『ごき潤』の“ごき”が、“ごきげん”よりも、“ゴキブリ”を想像させるということで、一部のファンが激怒。ネットでは『あの気持ち悪い虫のことしか頭に浮かびません』『裏でゴキ潤とかスタッフは見下してるの?』『流行らせないで!』と、スタッフのネーミングセンスに異論を唱えるファンが続出しているのです」(前出・テレビ誌記者)

 松本潤のあだ名といえば、一般的には「マツジュン」である。だがこれを機に、「ごき潤」が浸透してしまうようなことがあれば、ファンの怒りはますます増大していきそうだ。

(森嶋時生)

アサジョ

トピックスRSS

ランキング