LPWAを活用したゴルフ場におけるカートの位置情報管理フィールドトライアルについて

@Press / 2016年12月16日 16時0分

株式会社ジーアイサプライ(本社:北海道上川郡、代表取締役:北岡 智、以下、ジーアイサプライ)、西日本電信電話株式会社(本社:大阪府大阪市、代表取締役社長:村尾 和俊、以下、NTT西日本)は、株式会社ロートピア(本社:奈良県天理市、代表取締役社長:瀬木 英俊、以下、ロートピア)が運営する春日台カントリークラブ(所在地:奈良県天理市)において、従来方式と比べて低コストでゴルフカートの位置情報を管理できるLoRaWAN(TM)(※1)対応GPSトラッカー(※2)を用いたLPWA(※3)フィールドトライアル(以下、本トライアル)を12月下旬より開始します。

※1 半導体メーカーのセムテック、IBMなどの「LoRa Alliance」メンバーが策定したIoT向け通信規格のひとつ。LoRaWAN(TM)の名称は、Semtech Corporationの商標。
※2 移動体通信等の無線通信を使用してGPSから取得した位置情報を送信する端末。詳細はジーアイサプライホームページ( http://www.gisup.com/ )を参照。
※3 「Low Power Wide Area」の略称。IoT/M2Mに適した省電力・長距離通信を実現する省電力広域無線通信の呼称で、低コストで広範囲をカバーできるネットワークサービスのため、機械の運転状況など容量の少ないデータの通信に適しており、IoTへの活用が期待されている。


1.本トライアルの背景
リアルタイム位置情報を活用したサービスは、スマートフォンやクラウドを利用したWEBアプリ等の普及により近年急速に拡大を続けております。ジーアイサプライは2014年4月より、リアルタイム位置情報を活用したサービスを除雪車・重機・ごみ収集車などの車両管理、鳥獣被害対策、ポスティングシステムの効率化などの分野へ提供しており、IoTの普及に貢献してきました。
また、NTT西日本は、2016年6月より「LPWAネットワークを活用したフィールドトライアル」(※4)を開始し、農業や空調管理など様々な分野のパートナーとのコラボレーションを通じ、IoT導入の低コスト化に貢献するLPWAネットワークの活用に取り組んでおります。
このたび両社は、多様化する位置情報の活用ニーズに対応できる事業の創出を目的に、ジーアイサプライが所有するGPSトラッカーの技術と、NTT西日本が所有するLPWA技術を活かし、春日台カントリークラブ内においてトライアルを実施することになりました。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング