経済・ビジネス 

文字サイズ: A A A
  • 楽天ソーシャルニュースに投稿する
  • フェイスブックでシェアする
  • mixiでシェアする
  • この記事をはてなブックマークに追加する

あの“のび太くん”がデキる子になった!?『のび太、できすぎ!?』の秘密は小学館「ドラゼミ」にあり!- @Press(2013年1月11日11時30分)

『のび太、できすぎ!?』画像1
通信添削学習サービスの「ドラゼミ」を運営する、株式会社小学館集英社プロダクション(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:紀伊 高明)は、2012年12月、次年度の入会に向けたキャッチフレーズを発表しました。
2013年度のキャッチフレーズは、「ドラゼミ」のイメージキャラクターである「ドラえもん」の登場人物「のび太」を前面に押し出した『のび太、できすぎ!?』です。


■小学館の通信添削学習ドラゼミとは?
「ドラゼミ」は創業以来90年の歴史を持つ出版社・小学館のノウハウを反映させた、通信教育学習(3歳~小学6年生対象)です。
「百ます計算」などでおなじみの陰山 英男先生がスーパーバイザーを務め、学校の教科書以上の内容も取り入れたオリジナルカリキュラムで、作文の表現力や、図形問題に対する柔軟な発想力までも伸ばしていきます。
幼児コースから添削テストがあることも特長で、スタート当時、業界初の個別担任制によって、一人ひとりのお子さんの理解度に合わせた、きめ細かな指導を可能としています。


■ドラゼミの考える、“できすぎ”とは?
情報が氾濫している今の時代、何が正しい情報なのか、何が必要な情報なのかを判断することが難しくなっています。加えて、決まった答えのないような問題にぶつかることも少なくありません。そんな世の中でも、積極的に学び、自分の得た知識を活かして活躍できる力を十分に備えている子どもを、「ドラゼミ」では“できすぎ”と呼んでいます。

作中で、勉強が苦手な少年として描かれるのび太くんでも“できすぎ!?”と周囲から思われるような教材。それこそが「ドラゼミ」の目指す理想の教材なのです。


【裏のテーマは出木杉くん ~キャッチフレーズ誕生秘話~
「ドラえもん」のメインキャラクターではない、彼の魅力とは?】

今回、広報担当者が学習商品である「ドラゼミ」の魅力を伝えるキャッチフレーズを提案するに当たって、白羽の矢が立ったのが漫画「ドラえもん」に登場するキャラクター「出木杉くん」です。
出木杉くんは作中において、勉強が苦手なのび太くんの対極に位置するキャラクターとして描かれていますが、勉強だけに傾倒しているいわゆる「ガリ勉」タイプの子どもではありません。ペーパーテストで良い点を取るだけではなく、“未来を想像する”“未知の世界に想いを馳せる”など様々なことに興味を持ち、積極的に挑戦していける少年でもあります。
『小学館の通信添削学習ドラゼミ』が育てたい子どもの姿を想像した時に、出木杉くんこそがその理想像であり、国民的人気漫画のキャラクターとして知られている彼の名前の響きからも、そのイメージが伝わりやすいのでは、という側面も含めて誕生したのが『のび太、できすぎ!?』でした。

前へ 1 2 3 次へ

この記事に関連するニュース

経済・ビジネスランキング

SNS公式アカウント厳選ニュースがタイムラインで届く