打ち掛けで作った「和ドレスファッションショー」10月25日横浜にて開催! 20代から70代後半までの一般女性たちがモデルに大変身!!

@Press / 2015年10月23日 13時0分

和ドレス 紅白梅
株式会社アリアンサ(所在地:東京都八王子市、代表:上田 惠衣香)は、2015年10月25日(日)、横浜にて「和ドレスファッションショー」を開催いたします。
ファッションショーのモデルは一般の方から募集し、20代から70代後半までの女性たちがモデルに大変身いたします。また、本ファッションショーでは当社代表の上田 惠衣香が一枚の布からピンだけで創りだすドレスパフォーマンスもご覧いただけます。年齢問わずに楽しめるファッションショーです。


【ファッションショー開催の背景】
日本の女性はドレスを着る機会が少なく、結婚式で華やかな衣装を着てヘアメイクをすると、その後主役になる機会は殆どありません。
「結婚、子育て、孫の世話、毎日頑張っている女性たちが輝ける機会を作りたい。女性たちにもっと素敵になってもらいたい。」という想いで企画いたしました。


【ファッションショーについて】
ヘアメイクリハーサルでは、本格的にプロのカメラマンが撮影し、衣装合わせ、フランス人モデルからポージングやウォーキングの指導を受け、本格的なモデルを目指します。静岡や山梨など、遠方からいらっしゃる和ドレスファンも多く、初の素人モデル挑戦に期待と不安でいっぱいのご様子です。最終的にはプロモーションCMのようなカッコイイビデオの制作をし、モデルの方にお渡しいたします。


【和ドレスについて】
「打ち掛け」というメタリックの糸を全裏に使用した張りと厚みのあるシルクの生地。その生地は着物用にできているので、柄が大きすぎてしまいドレスには向きません。しかし全体での芸術を楽しみたいため、小さな柄ではなく大きな柄で、まるで絵画を見ているように上から下までで1作品のようなものをデザインしたり、新しい反物から選んで製作しております。
一般的には中古の打ち掛けが使用されますが、古いものですとシミやボロボロ感がこれからの新しい旅立ちとなる花嫁さんには不向きと判断し、新しいもので製作しております。

※打ち掛けとは…結婚式に花嫁さんが着る着物。色地の打ち掛けに金箔や刺繍がされている「キモノ・ガウン」のことをいいます。打ち掛けとは打掛小袖ともいい、室町時代に武家の婦人の秋から春にかけての礼服として羽織のように打ち掛けて着られていたのが由来です。


【開催概要】
日時  : 2015年10月25日(日)11:30~15:00
場所  : 横浜ベイクォーター ビストロリュバン
アクセス: JR・東急東横線 横浜駅 徒歩4分
会費  : 8,000円(飲食代付)
参加方法: お電話、またはメールにてご連絡ください(当日受付でも可能)
URL   : http://aliansa.jp/other/kokuchi.html

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング