ココが知りたい! 5分で分かる「Windows 10」導入のポイント

ITmedia エンタープライズ / 2017年2月17日 8時0分

写真

PCのリース期間や端末の自由度を考えると、今からPCを導入するならWindows 10を選んだ方がサポートの面などで有利になります

 こんにちは。日本マイクロソフトでWindows 10の技術営業を担当している山本築です。この連載では、これまでさまざまなWindows 10に関する情報をご紹介してきましたが、今回はそのおさらいとして、日々の訪問の中で、多くの方から受ける質問に対して答えていきます。

 まず、一番よく聞かれるのがこちら。多くの方が疑問に思っていることでしょう。

 「結局、いつまでにWindows 10にアップグレードすればいいの?」

 Windows 7のサポート期限は2020年1月14日、Windows 8および8.1のサポート期限は2023年1月10日です。まだ3年弱あると思うかもしれませんが、端末の入れ替えを3年ごとに行う企業の場合(このケースが多いと思いますが)、逆算するともう時間がないことが分かります。利用中に全ての期間でOSのサポートを受けるには、今後はWindows 10を導入するしかありません。

 さらに、これからIntelがリリースする第7世代のCPU(KabyLake)はWindows 7をサポートしません。Windows 7のサポートを受けようとすれば、最新のPCを調達できないことになってしまいます。新規調達する端末をきちんと減価償却するという観点でも、Windows 10が望ましいケースが増えてきているのです。

●Windows 10のバージョン「CB」と「CBB」はどう違う?

 Windows 10がこれまでのOSと最も違うのは、その開発スキームおよびリリースの方法です。これからも1年に2〜3回というペースでアップグレードを行う予定ですが、その提供形態(サービシングモデル)は4種類あります。IT部門の方によく聞かれるのは、「CB(Current Branch)とCBB(Current Branch for Business)、どちらを適用すればいいのか」ということです。

 端的に言えば、CBはコンシューマ向けのモデルで、CBBはCBのリリースから4カ月後にリリースされる、バグフィックスを終えたモデルです。いち早く最新機能を使うか、安定稼働を目的とするかで異なりますが、企業導入であればCBBの方が望ましいでしょう。

 今現在、Windows 10は1507、1511(November Update)、1607(Anniversary Update)という3つのバージョンが世の中に出ています。CBは常に最新の1世代分のみをサポートし、CBBは原則として2世代分、または18カ月の更新プログラムのリリースを提供します。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
ITmedia エンタープライズ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング