国際 

文字サイズ: A A A
  • 楽天ソーシャルニュースに投稿する
  • フェイスブックでシェアする
  • mixiでシェアする
  • この記事をはてなブックマークに追加する

Ads

韓国経済支えるサムスン 役員になればいきなり給料が10倍に- NEWSポストセブン(2012年9月17日16時00分)

 日韓関係の緊張が続くなか、韓国の内情を紹介する「オーディション社会 韓国」(新潮新書)がさきごろ出版された。非正規雇用労働者34.2%、自殺率先進国1位、上位20%の富裕層が韓国の土地の90.3%を所有する等々、韓国社会の苛烈な競争社会が露わにされている。著者で共同通信元ソウル特派員の佐藤大介氏に「近くて知らなかった韓国」の内情について聞いた。(聞き手=ノンフィクション・ライター神田憲行)

 * * *
――韓国がこのような激しい競争社会になってしまった理由はなんですか。

佐藤:きっかけは1997年のアジア通貨危機で、韓国が国際通貨基金(IMF)管理下に置かれたことです。経済の立て直しのためにノ・ムヒョン、キム・デジュン、そして今のイ・ミョンバク(李明博)大統領と新自由主義政策が導入され、トップエリートの育成、企業の競争力増加に政策が向けられたことです。

――具体的にはどのような政策ですか。

佐藤:たとえば労働市場の自由化と開放です。正社員を減らして非正規雇用労働者を増やし、一部の大企業を大きくして韓国経済の牽引車にしようとした。強いリーダーがいれば全体を引っ張っていってくれるという考え方です。

――そのために小学生から留学し、大学生になると少しでも良い企業に正社員として入社するために必死になって努力する。パソコンなど商品の性能を現す「スペック」という言葉が、人物評価にも使われる。

佐藤:勉強もスポーツも英才教育です。日本だとエリート主義だと批判されるようなことも、韓国ではそんな批判は全く聞かれません。なんでも「1番」でないと意味が無いからキツイ。経済協力開発機構(OECD)が2010年に発表した統計では、人口10万人当たりの自殺者は韓国が21.5人とトップ(日本は19.1人で三位)という現実につながっていると思いますね。

――この本ではそのエリートの象徴として、サムスンが取り上げられています。

佐藤:「韓国はサムスン共和国だ」という人がいますし、サムスンが転べば韓国が吹っ飛ぶくらい、韓国経済はサムスンに大きく依拠しています。入社するためにはTOIECで900点は必要ではないでしょうか。しかも入ってからも激しい業績争いがある。ただ役員になればいきなり給料が10倍になり専用車もつく。

――日本だと就職は厳しいけれど、大企業に入ってしまえば安泰というイメージがあるのですが、韓国ではそこからもまた競争が始まる。倒産・リストラなど会社都合で退職した人が去年100万人を突破したそうですね。

前へ 1 2 次へ

この記事に関連するニュース

国際ランキング

  • Infoseek ニュースをTwitterやFacebook、スマートフォンアプリで読もう
  • マンガで時事ネタに強くなる!舞台はとある「桜だもん高校」。教師と生徒の学園コントを通して、今おさえておきたいニュースへの理解を深めることができます
  • Infoseek ニュース 公式Facebook
  • Infoseek ニュース 公式twitter
  • Infoesek ニュース 公式iPhoneアプリ
  • Infoeek ニュースメールマガジン
  • Infoeek ニュース総合トピックスのRSS