安倍晋三首相は17日の衆院予算委員会で、慰安婦を象徴する少女像が韓国・釜山の日本総領事館前に設置された問題について、「われわれは慰安婦問題の日韓合意の責任を(10億円拠出により)果たしている。韓国側の善処を求めるのは当然だ」と述べ、韓国政府が少女像撤去に向け具体的行動を取るべきだとの考えを強調した。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング