ブリヂストンは17日、4月から従業員の1日の所定労働時間を30分短縮し、7時間30分にすることを明らかにした。対象は、本社勤務の社員のほか、工場の総務担当者ら交代制ではない従業員。非正規労働者も含まれる。実施済みの在宅勤務制度などと組み合わせ、働きやすい環境を整えるのが狙い。[時事通信社]

トピックスRSS

ランキング