安倍首相は17日午前の衆院予算委員会の集中審議で、2017年度末に待機児童をゼロにする政府目標について、「残念ながら非常に厳しい状況になっているのは事実だ」と述べ、目標を達成するのは困難との認識を示した。 当初見込みより利用申請が増えたことが理由と説明したうえで、首相は「待機児童ゼロという目標を取り下げるわけではない。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング