写真

写真はイメージ(C)日刊ゲンダイ

鹿児島市の金光教神主、行徳真一郎容疑者(50)が11日、強制わいせつ容疑で鹿児島中央署に捕まったが、この行徳容疑者、実は日本最古の博物館である東京国立博物館の元主任研究員で、そのうえ14年前の2003年にも強制わいせつ容疑で現行犯逮捕されていた。 ちなみに金光教は岡山に本部がある神道系新宗教で、その鹿児島協会で神主をしていた行徳容疑者は、九大文学部卒業後、文化庁の文化財調査官などを経て国立博物館という、超アカデミックな経歴の持ち主だ。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング