南北会議ドタキャンで韓国は狼狽するばかり… 突き放す米、追い込まれた北は“条件闘争”か

夕刊フジ / 2018年5月17日 17時1分

 北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)政権が、米朝首脳会談(6月12日)の取りやめを示唆した。韓国で実施中の米韓合同訓練を理由に、16日の南北閣僚級会談の中止を一方的に宣告し、世界が注目する米朝首脳会談にも触れたのだ。ドナルド・トランプ米政権は、北朝鮮の「完全かつ検証可能で不可逆的な非核化」(CVID)に向け、「最大限の圧力」をかけ、核兵器の早期国外搬出を突きつけている。丸裸になるのを恐れた北朝鮮が、米国や韓国を相手に“条件闘争”に打って出た可能性が高い。表向き強気の姿勢を見せる正恩政権だが、確実に追い込まれているようだ。

 「北南高位級会談(南北閣僚級会談)が中断されることになり、第一歩を踏み出した北南関係に難関と障害が醸成されたのは全面的に、気を確かに持てずに振る舞う、南朝鮮当局にその責任がある」

 「米国も、南朝鮮当局とともに繰り広げている挑発的な軍事的騒動の局面について考えて、日程に上っている朝米首脳の対面の運命について熟考すべきである」

 北朝鮮の朝鮮中央通信は16日に掲載した記事で、韓国と米国をこう脅した。

 同通信は米韓両国を非難する理由として、11日から始まった米韓両軍の定例共同訓練「マックス・サンダー」を挙げた。記事では、「板門店(パンムンジョム)宣言に対する露骨な挑戦であり、良好に発展する朝鮮半島情勢の流れに逆行する故意的な軍事的挑発である」と指摘している。

 訓練開始から5日過ぎており、言いがかりとしかいいようがない。

 韓国・聯合ニュースは16日、「韓国政府は北朝鮮の一方的な措置に戸惑いを隠せずにいる」と伝えた。「従北」の文在寅(ムン・ジェイン)政権らしい狼狽といえるが、トランプ政権は突き放したような対応を見せている。

 国務省のヘザー・ナウアート報道官は15日(米国時間)の記者会見で、「正恩氏は以前に訓練の必要性や有益性について理解を示していた」と述べ、定例訓練が「挑発」には当たらないとの考えを示した。シンガポールで6月12日開催予定の米朝首脳会談についても、計画通りに進める方針を明らかにした。

 国防総省のロブ・マニング報道部長も「同盟国として定例で実施している訓練で、防衛目的だ」と主張した。

 北朝鮮は「強硬姿勢」と「融和姿勢」を交互に使い分けて、交渉を自国のペースに引きずり込み、相手国から譲歩を引き出す外交を得意としてきた。ドタキャンは十八番であり、今回も南北閣僚級会談や米朝首脳会談を「人質」として、米韓にゴネ始めた可能性が高い。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
fuji

トピックスRSS

ランキング