巨人に激震「ブルペンの乱」 中継ぎ・田原が“ブラック部署”の惨状告発 行き当たりばったりだった由伸采配

夕刊フジ / 2018年12月6日 17時0分

写真

救援陣の窮状を訴えた田原(夕刊フジ)

 巨人の契約更改交渉で7年ぶりに保留した田原誠次投手(29)が、華やかな名門球団でないがしろにされていた“ブラック部署”の実態を告発した。“物言う中継ぎ”はブルペン代表として、球団フロントに「こんなひどい環境で野球をやっている。3年連続で訴えても変わらない」と待遇改善を切望。高橋由伸前監督(43)のもとコミュニケーション不全の3年間に、選手の奮闘がいかに台無しにされてきたかが浮き彫りとなった。(笹森倫)

 田原は4日、東京・大手町の球団事務所で2度目の契約交渉に臨み、前回提示と同じ現状維持の3600万円でサインした。ちょうど1週間前の前回交渉後には行われなかった記者会見で、保留した真意を初めて明かした。

 「3年連続でブルペンの環境改善を訴えてきていて、毎年のように『来年はよくなるから』と言われても、具体的に何が変わったか分からない状態だった。少しでも多くの人に、『僕らはこんなにひどい環境で野球をやってたんだよ』と知ってほしかった、という意味の保留だった」

 昨年の契約更改後の会見でも力説したのは、経験不足から準備の手順をつかめていない若手投手が、首脳陣の行き当たりばったりな継投策に振り回されている、ブルペンという密室内の実情だ。

 経験ある田原でさえ困惑の連続だった。試合展開を読みながら「そろそろ自分かな」と自主的に準備を始めると、コーチが「いや、おまえはまだ(肩を)つくらなくていいよ」と制止。「じゃあ待機しておきます」と控えたそばから、「やっぱり、ここから行くよ」とドタバタ登板させられる場面が多々あった。逆に「何も言われていない状態で、急に行かされることもあった」という。

 フロントにもの申すというリスクを伴う役割は、本来ならば実績あるベテランや高給取りの選手が担うべきものだろう。ドラフト下位指名(2011年7位)でブルペンの地味な“便利屋”をこなしてきた、後ろ盾の弱い田原が矢面に立つのは勇気が要ったはずだ。

 昨秋の契約交渉の席でも「(準備が)100%でも抑えられない状況はあるが、50-60%の状態で行かされるのがほぼほぼだった。少しでも抑えられる確率が高い状態で行きたい。どこで投げるのか明確にしてほしい」と中継ぎ陣の総意を伝え、鹿取GM(当時)は職場環境の改善を約束。ところが今季も「最初だけ。序盤から『これ、去年よりひどいな』とみんなとらえていた」。

 ろくに肩をつくれず送り出されたリリーフは、案の定打ち込まれてチームは負けるわ、自分の査定は下がるわの悪循環。ダメなら2軍行きで、好投しても酷使の果てに2軍に落とされる。40試合以上登板は両リーグ最少の沢村1人のみで、84ホールドポイントも2年連続で両リーグ最少。昨季3・40だった救援防御率は4・12まで悪化した。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
fuji

トピックスRSS

ランキング