1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. 経済

英製造業PMI、9月改定値は57.1 供給制約や人手不足に直面

ロイター / 2021年10月1日 18時28分

10月1日、IHSマークイット/CIPSが発表した9月の英国の製造業購買担当者景気指数(PMI)改定値は57.1で、前月の60.英サンダーランドのバッテリー工場で7月撮影(2021年 ロイター/Phil Noble)

[ロンドン 1日 ロイター] - IHSマークイット/CIPSが1日発表した9月の英国の製造業購買担当者景気指数(PMI)改定値は57.1で、前月の60.3から低下した。

ロックダウン(都市封鎖)が続いていた2月以来の低水準。4カ月連続の低下となった。

サプライチェーンと人手不足の問題が浮き彫りとなった。

速報値の56.3からは上方修正された。

納期の遅延は、PMI史上有数の規模で拡大した。貨物の遅れ、人手不足、新型コロナウイルス流行と欧州連合(EU)離脱に伴う混乱、配送運転手の不足、港湾の処理の遅れなどが報告されている。

新規海外受注は8カ月ぶりに減少。雇用の伸びは1月以降で最低の伸びとなり、中小企業は人員を削減している。

ただ、今後1年間の見通しについては、引き続き楽観的な見方が多く、62%が生産の増加を予想した。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング