1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 国際
  4. 国際総合

米エクソン、パプアのガス開発に180億ドル以上投資へ=幹部

ロイター / 2021年12月1日 14時58分

 12月1日、米石油大手エクソンモービルの幹部は、パプアニューギニアで同社が権益を保有するプニャンガス田と、仏エネルギー大手トタルが進める液化天然ガス(LNG)のプロジェクトについて、今後10年で180億ドル以上の投資を予定していると明らかにした。写真はニューヨークで11月撮影(2021年 ロイター/Andrew Kelly)

[メルボルン 1日 ロイター] - 米石油大手エクソンモービルの幹部は1日、パプアニューギニアで同社が権益を保有するプニャンガス田と、仏エネルギー大手トタルが進める液化天然ガス(LNG)のプロジェクトについて、今後10年で180億ドル以上の投資を予定していると明らかにした。

パプアの鉱業と石油に関する会合で述べた。

エクソンはプニャンガス田の開発を巡りパプア政府と交渉を続けている。エクソンが運営するLNGプラントは既存のガス供給源が枯渇した後、プニャンガス田から供給を受ける計画。

トタルの「パプアLNG」プロジェクトは、エルクガス田とアンテロープガス田で生産したガスをトレインと呼ばれる新たな冷却設備2基に供給する。

エクソンのパプア担当マネジングディレクター、ピーター・ラーデン氏は「パプアLNGプロジェクトの後にプニャンガス田を開発する方針だ」とし、「建設が10年近く続き、650億キナ(180億ドル)以上投資する可能性がある」と述べた。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

10秒滞在

記事を最後まで読む

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください