1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 国際
  4. 国際総合

オミクロン株、世界40カ国に拡大 米国では計10州で確認

ロイター / 2021年12月4日 8時1分

米疾病対策センター(CDC)のワレンスキー所長は3日、新型コロナウイルス新変異株「オミクロン」について、現時点で世界約40カ国で感染が確認されたと明らかにした。2014年9月撮影(2021年 ロイター/Tami Chappell)

[ワシントン 3日 ロイター] - 米疾病対策センター(CDC)のワレンスキー所長は3日、新型コロナウイルス新変異株「オミクロン」について、現時点で世界約40カ国で感染が確認されたと明らかにした。

さらに、米国内で症例が報告されていない州・地方当局と連携し、感染が疑われるケースの調査を進めていると述べた。同時に「国内で報告されている症例の99.9%はなおデルタ株」と強調した。

こうした中、ネブラスカ州の保健当局は3日、州内でオミクロン株の感染者6人が確認されたと発表した。また、ミズーリ州、ユタ州、メリーランド州、ペンシルベニア州でも同日、オミクロン株の感染が初めて確認された。これにより、米国内で感染が確認されたのは計10州となる。

感染者の1人は11月23日にナイジェリアから帰国後、感染が判明。残りの5人はその感染者から家庭内で感染した公算が大きいという。6人中、ワクチン接種をしていたのは1人のみだった。

バイデン大統領は3日、渡航制限の変更が必要かどうかについて、引き続き科学者の見解に従うという認識を示し、現時点で変更は必要ないと述べた。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

10秒滞在

記事を最後まで読む

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください