1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. 経済

東京マーケット・サマリー(4日)

ロイター / 2022年1月4日 18時17分

■レートは終値(前日比または前週末比)、安値─高値

<外為市場>

ドル/円 ユーロ/ドル ユーロ/円

午後5時現在 115.72/74 1.1290/94 130.66/70

NY午後5時 115.32/34 1.1294/98 130.27/31

午後5時のドル/円は、ニューヨーク市場午後5時時点に比べてドル高/円安の115円後半。米金利の上昇や株高を背景にドル買い/円売りが進み、ドルは一時115.81円と2017年1月以来の高値まで上昇した。

<株式市場>

終値 前日比 寄り付き    安値/高値  

日経平均 29301.79 +510.08 29098.41 28,954.56─29,323.79

TOPIX 2030.22 +37.89 2015.61 2,005.45─2,031.65

東証出来高(万株) 110993 東証売買代金(億円) 27598.64

東京株式市場で日経平均は大幅に反発した。米市場で株価の主要3指数が上昇した流れを引き継ぎ、大発会の東京市場でも主力株を中心に幅広い業種で物色された。円安や堅調な中国の経済指標も追い風に500円超高に上昇。2018年以来4年ぶりに大発会での株高となった。

東証1部の騰落数は、値上がり1625銘柄(74%)に対し、値下がりが494銘柄(22%)、変わらずが64銘柄(2%)だった。

<短期金融市場> 

無担保コール翌日物金利(速報ベース) -0.016%

ユーロ円金先(22年3月限) 100.045 (-0.010)

安値─高値 100.045─100.045

3カ月物TB -0.160 (-0.032)

安値─高値 -0.160─-0.160

無担保コール翌日物の加重平均レートは、速報ベースでマイナス0.016%になった。地銀勢の資金調達意欲が強かったとみられる。ユーロ円3カ月金利先物は閑散。

<円債市場> 

国債先物・22年3月限 151.43 (-0.16)

安値─高値 151.40─151.51

10年長期金利(日本相互証券引け値) 0.085% (+0.015)

安値─高値 0.085─0.080%

国債先物中心限月3月限は前営業日比16銭安の151円43銭と大幅続落して取引を終えた。10年最長期国債利回り(長期金利)の引け値は、前営業日比1.5bp上昇の0.085%。

<スワップ市場> 17時54分現在の気配

2年物 0.07─-0.02

3年物 0.08─-0.01

4年物 0.09─-0.00

5年物 0.10─0.00

7年物 0.13─0.03

10年物 0.19─0.09

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

10秒滞在

記事を最後まで読む

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください