米ブリストル、心臓疾患治療薬企業を買収 現金130億ドル

ロイター / 2020年10月6日 1時32分

米製薬大手ブリストル・マイヤーズ・スクイブは5日、バイオ医薬品マイオカーディアを現金約130億ドルで買収すると発表した。仏ルパサージュで2018年3月撮影(2020年 ロイター/REGIS DUVIGNAU)

[5日 ロイター] - 米製薬大手ブリストル・マイヤーズ・スクイブ は5日、バイオ医薬品マイオカーディア を現金約130億ドルで買収すると発表した。

ブリストルは買収によって、マイオカーディアが開発中の閉塞性肥大型心筋症治療薬「マバカムテン」を取得し、心臓疾患治療薬のポートフォリオを強化する。昨年には総額740億ドルでバイオ医薬品セルジーンを買収し、がん治療分野を強化していたが、同分野への依存を低減する。

ブリストルは、マイオカーディア買収が「中長期の成長を主導する」とし、2023年から利益押し上げに寄与するとの見通しを示した。22年には米国で主力のがん治療薬「レブラミド」の特許の一部が切れる。

マイオカーディアの株価は午前の取引で約59%急伸し、最高224ドルと、ブリストルの1株当たりの買収提示額である225ドルに迫った。マイオカーディアの株価は年初以降、倍以上値上がりしている。ブリストルの株価はほぼ変わらずで推移。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング