米、中国との文化交流5プログラム廃止 「政治宣伝に利用」

ロイター / 2020年12月5日 16時3分

米国務省は4日、中国への研修旅行など5種の中国との文化交流プログラムを廃止した、と発表した。4月撮影(2020年 ロイター/Thomas Peter)

[ワシントン 4日 ロイター] - 米国務省は4日、中国への研修旅行など5種の中国との文化交流プログラムを廃止した、と発表した。「政治宣伝に利用されていた」ためという。

これらの事業は、1961年にケネディ大統領(当時)が署名した「相互教育文化交流法(MECEA)」と呼ばれる法律に基づき、諸外国との学術・文化交流を促進する目的で設置された。

国務省は声明で「問題の5プログラムは中国政府が資金の全額を負担して運営されており、衣を被ったプロパガンダの道具だった」という。

ワシントンの中国大使館はコメントの求めに応じていない。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング