消費動向調査、12月態度指数は31.8 4カ月ぶりに前月下回る

ロイター / 2021年1月6日 14時44分

 1月6日、内閣府が発表した消費動向調査によると、12月の消費者態度指数(2人以上の世帯・季節調整値)は前月から1.9ポイント低下して31.8となった。写真は都内で昨年12月撮影(2021年 ロイター/Issei Kato)

[東京 6日 ロイター] - 内閣府が6日発表した消費動向調査によると、12月の消費者態度指数(2人以上の世帯・季節調整値)は前月から1.9ポイント低下して31.8となった。指数を構成する4項目のうち「暮らし向き」や「収入の増え方」などの全項目が振るわず、4カ月ぶりに前月を下回った。消費者心理の基調判断は「足踏みがみられる」に下方修正した。

11月の調査結果は33.7だった。構成4項目のうち「暮らし向き」は前月から1.8ポイント低下して34.9、「収入の増え方」は0.7ポイント低下の35.0だった。「雇用環境」は前月から2.9ポイント低下の23.6、「耐久消費財の買い時判断」は1.9ポイント低下の33.8となった。

1年後の物価に関する見通し(2人以上の世帯)では、前月に比べて「上昇する」とする回答の割合が2.5ポイント減少、「変わらない」との回答も0.8ポイント減少した。

「低下する」は2.7ポイント増加したが、物価予想については「上昇すると見込む割合は高水準であるものの、このところ低下がみられる」との判断を維持した。

*内容を追加しました。

×


この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング