1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. 経済

ルノー、インドで大衆向けEV生産検討=関係筋

ロイター / 2023年1月7日 1時45分

フランス自動車大手ルノーがインドで大衆市場向け電気自動車(EV)の生産を検討していることが分かった。昨年10月、パリで撮影(2023年 ロイター/Stephane Mahe/File Photo)

[ニューデリー/パリ 6日 ロイター] - フランスの自動車大手ルノーはインドで大衆市場向け電気自動車(EV)の生産を検討していることが分かった。検討状況を知る2人の関係者がロイターに明らかにした。EVの普及が急速に進むと予想されるインド市場での展開を強化する一環。

分離する予定のEV事業への投資を巡って連合を組む日産自動車と交渉が続いている中でも、電動化計画を推し進めていることが浮き彫りとなった。

関係筋によると、ルノーはハッチバック「クウィッド」のEVをインドで製造することを検討している。

関係者の1人は潜在需要や価格、現地部品でのEV製造能力を検討するとし、発売は2024年終盤になるとの見通しを示した。

インドでは22年販売台数が前年より減少したにもかかわらず利益が出ており、今回の動きはインドでの販売強化に向けたルノーの広範な計画の一部だと説明した。

ルノーのインド法人は製品の計画に関するコメントを避けた。ただ、ルカ・デメオ最高経営責任者(CEO)が示した戦略の一環として「世界的な電動化に力強く取り組む」とし、「インドは重要市場の1つだ」と指摘した。

関係者の1人は「ルノー・日産連合の将来のプロジェクトでインドは重要な役割を果たすが、提携の再構築に関するグローバルな合意に達する前に現地の計画がまとめられることはない」と説明した。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

記事ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

記事ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

デイリー: 参加する
ウィークリー: 参加する
マンスリー: 参加する
10秒滞在

記事を最後まで読む

次の記事を探す

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください