TikTok含む中国アプリの禁止を検討─米国務長官=FOX

ロイター / 2020年7月7日 22時50分

<description role="descRole:caption"> 7月6日、ポンペオ米国務長官(写真)は、短編動画投稿アプリ「TikTok(ティックトック)」など中国のソーシャルメディアアプリについて、禁止することを検討していると述べた。写真は1日ワシントンでの代表撮影(2020年/ロイター) </description>

[6日 ロイター] - ポンペオ米国務長官は6日、短編動画投稿アプリ「TikTok(ティックトック)」など中国のソーシャルメディアアプリについて、禁止することを検討していると述べた。

FOXニュースのインタビューで、「われわれが検討していることだ」と語った。

米議員らの間では、TikTokの個人情報の取り扱いを巡って安全保障上の懸念が高まっている。中国の法律が企業に対し「中国共産党による情報活動への支援・協力」を求めていることを問題視しているという。

TikTokは中国国内では利用できない。同社は世界的にユーザーを獲得するため中国からは一定の距離を置いており、これまでもその独立性を強調してきた。

一方、国境付近で発生した軍の衝突を巡り中国と激しく対立するインド政府は既に、TikTokを始め中国企業などが提供する59のモバイルアプリを禁止。

またTikTok自身も、中国が香港で国家安全維持法を施行したことを受け、香港市場から撤退する方針だとロイターが報じている。

*内容を追加しました。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング