ドル113円前半、株高で円じり安

ロイター / 2018年11月8日 15時40分

 11月8日、午後3時のドル/円は、前日ニューヨーク市場の午後5時時点から小幅円安の113円後半。一時113.73円まで上昇し、前日につけた1カ月ぶり高値に迫った。株高が円を押し下げているという。写真は昨年6月撮影(2018年 ロイター/Thomas White)

[東京 8日 ロイター] - 午後3時のドル/円は、前日ニューヨーク市場の午後5時時点から小幅円安の113円後半。一時113.73円まで上昇し、前日につけた1カ月ぶり高値に迫った。株高が円を押し下げているという。

ドルは朝方の113円半ばからじり高。日経平均が一時500円近い上げ幅となるなどアジア株が全面高となり、円に下落圧力がかかった。

ドルは前日、米中間選挙の途中経過に一喜一憂する形で激しく乱高下。一時113.82円まで上昇し、10月8日以来1カ月ぶり高値をつけた。

ただ、きょうの東京市場は前日に乱高下した「疲れが出ている」(外為アナリスト)といい、上値追いも限定的。前日高値より円安水準では利益確定のドル売りが出やすいこと、個人の証拠金取引で114円付近に売り注文が集中していることなどを指摘する声が出ていた。

<米中間選挙後は株高の経験則>

中間選挙が終了し、市場では引き続き、今後の米政局の行方と相場の見通しが議論されている。

その中でも話題を集めているのが、米株高の経験則。バンク・オブ・アメリカ・メリルリンチによると、共和党大統領下で上下両院を異なる党が支配するねじれが生じた場合、その間の年間株価上昇率は1928年以降の平均でプラス12%。さらに、中間選挙でそうした状況となった翌年は、52年以降の平均で20%の上昇率を記録しているという。

JPモルガン証券の調べでも、中間選挙後の米S&P総合500種は翌年3月末までに、過去7回中6回上昇。平均上昇率は10%に達している。

今回もねじれによる政策停滞懸念を覆し、株価が堅調な米経済を反映する形で上昇し続ければ、外為市場では円が売られやすくなる可能性がありそうだ。

ドル/円  ユーロ/ドル  ユーロ/円

午後3時現在 113.64/66 1.1431/35 129.93/97

午前9時現在 113.55/57 1.1430/34 129.82/86

NY午後5時 113.51/54 1.1424/28 129.84/88

(為替マーケットチーム)

ロイター

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング