1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. 経済

台湾TSMC、熊本に半導体製造工場 ソニーが約570億円出資

ロイター / 2021年11月9日 21時1分

 11月9日、ソニーグループは、台湾のTSMCが熊本県に設立する半導体製造子会社にソニーセミコンダクタソリューションズ(SSS)が約570億円出資すると発表した。都内で2017年撮影(2021年 ロイター/Kim Kyung-Hoon)

[東京 9日 ロイター] - ソニーグループは9日、台湾積体電路製造(TSMC)が熊本県に設立する半導体製造子会社にソニーセミコンダクタソリューションズ(SSS)が約570億円出資すると発表した。出資比率は20%未満になるという。

SSSが出資するTSMCの半導体子会社ジャパン・アドバンスド・セミコンダクター・マニュファクチャリング(JASM)は2024年末までに生産開始を目指し、月間生産能力は4万5000枚(300ミリウエハ)となる見込み。回路線幅は22ナノメートル(ナノは10億分の1)と28ナノメートル。

ソニーはTSMCの日本工場立ち上げに協力する方針を明らかにしており、出資の可能性についても検討中としていた。

SSSの清水照士社長は「世界的な半導体不足が続く中、今回のパートナーシップが産業界全体のロジックウェーハの安定調達に寄与することを期待している」とのコメントを発表した。

TSMCはこの日、日本に半導体工場を設立すると正式発表し、当初の設備投資額が約70億米ドル(約8000億円)となる見通しであることを明らかにした。

TSMCの日本での工場建設にあたっては、日本政府が補助金を出し、支援する見通し。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

10秒滞在

記事を最後まで読む

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください