1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 国際
  4. 国際総合

中国、米議員団訪台を非難 台湾海峡方面で「戦闘準備警戒」

ロイター / 2021年11月10日 3時35分

[北京/台北 9日 ロイター] - 中国軍は9日、台湾海峡方面で「戦闘準備のための警戒パトロール」を実施したと発表した。これに先立ち、中国国防省は米議員代表団が米軍機で台湾に到着したことを非難していた。

複数の台湾メディアは9日、米国の上下両院の議員が搭乗した米軍機が台湾に到着したと報道。台湾総統府はこれについてコメントを控えており、台湾における事実上の米大使館として機能している米在台協会(AIT)からもコメントは得られていない。

中国国防省は声明で、米議員が米軍機で台湾に到着したとし、「これに断固として反対し、強く非難する」とした。

米国防総省は、議員が軍機で移動するのは珍しいことではないと表明。カービー報道官は、訪台した議員の氏名は明らかにしなかったものの、議員によるこうした訪台は今年に入り2回目になるとし、「異例のことではない」と述べた。

中国軍報道官は、「戦闘準備のための警戒パトロール」について、台湾問題を巡る「特定の国」による「深刻に過った」言動、および台湾の独立推進派の活動を標的としたものだったとする声明を発表。中国軍は、複数の部隊にわたって活動する能力を試すものだったとした。

台湾の国防部(国防省)によると、中国の戦闘機6機が9日、台湾の防空識別圏(ADIZ)の南西部に侵入した。侵入したのは戦闘機「殲16」4機と偵察機2機としている。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

10秒滞在

記事を最後まで読む

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください