1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. 経済

ジップエアがLA線開設、米本土へはLCC初 旅客需要取り込み

ロイター / 2021年11月12日 13時29分

ZIPAIR Tokyo President Shingo Nishida poses for a photograph during a news conference in Tokyo, Japan March 8, 2019. REUTERS/Maki Shiraki - RC182FF249D0

[東京 12日 ロイター] - 日本航空(JAL)傘下の格安航空会社(LCC)ジップエア・トーキョー(千葉県成田市)は12日、成田─ロサンゼルス線を12月25日に就航すると発表した。LCCがアジアと北米本土の都市を結ぶのは初めて。ワクチン接種の進展や入国制限緩和などで動き出した旅客需要をいち早く取り込むのが狙い。今後も需要動向を探りながら、西海岸の他都市への就航も検討する。

新型コロナウイルス禍で国際線旅客需要の低迷が続く中、従来型の旅客サービスを提供するJALブランドの「フルサービスキャリア(FSC)」は厳しい状況にある。感染が収束しても、これまで収益の柱だったビジネス需要はコロナ前の水準には戻らないと判断。価格志向の強い顧客層による観光需要や友人・親族への訪問需要などから回復すると見込んだ。

週3日往復し、運賃は2万7500円から。ジップエアの西田真吾社長は会見で、運賃水準はFSCの半額程度を目指し、横になれるフルフラットシートなら「FSCの4分の1くらいの価格で提供できる」と述べた。

ロサンゼルスはアジアと日本の人流・物流の一大拠点で、在留邦人も多い。満席でなかったとしても運航は続け、需要が旺盛な貨物で下支えする考えだ。

ジップエアは2018年に設立。昨年に初の旅客便となる仁川(ソウル)線を開設し、バンコク、ホノルル、シンガポール線も現在就航している。一般的なLCCはアジアなどへの短距離路線が中心だが、同社は将来的には欧米都市を結ぶ中・長距離運航を目指し、これまで路線を拡充してきた。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

10秒滞在

記事を最後まで読む

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください