イオン、四国地盤のスーパー・フジと資本提携

ロイター / 2018年10月12日 15時33分

 10月12日、イオンとフジは、資本・業務提携すると発表した。イオンは来年2月末をめどにフジ発行株の最大15%を取得する一方、フジはイオン子会社のマックスバリュ西日本株をイオンから取得する。写真は千葉で2016年11月撮影(2018年 ロイター/Kim Kyung Hoon)

[東京 12日 ロイター] - イオン<8267.T>とフジ<8278.T>は12日、資本・業務提携すると発表した。イオンは来年2月末をめどにフジ発行株の最大15%を取得する一方、フジはイオン子会社のマックスバリュ西日本株をイオンから取得する。商品の調達やプライベートブランド商品の開発などを共同で行うことで、競争力を強化する。

フジは四国を地盤にスーパー96店舗を展開。2018年2月期の売上高は2985億円、営業利益は72億円。

(志田義寧)

ロイター

トピックスRSS

ランキング