山尾氏騒動にダブルスタンダード続出 宮崎氏ゲス不倫疑惑では叩き、こちらは“擁護”って…

夕刊フジ / 2017年9月13日 17時12分

写真

野党のスター議員に期待する声も多かった(夕刊フジ)

 W不倫疑惑で民進党を離党した山尾志桜里元政調会長(43)をめぐり、擁護や同情論を唱えるコメンテーターも少なくない。意見を表明するのは自由だが、過去の与党議員の似たような不祥事には手厳しい意見を述べていた例もある。識者は「中立的立場を放棄する姿勢は、言論活動を行う資格がない」と指摘している。

 国会議員のシモの話はいまに始まったことではなく、これまで数々の議員たちが騒動を巻き起こしてきた。そのたびに「国会議員も人間だから…」といった同情論も聞こえてくるのが常だった。

 作家の室井佑月氏(47)はTBS系の情報番組「ひるおび!」で7日、山尾氏について「私はやっぱり、仕事ができる人のほうがいいわけだから、仕事をきちんとしてたら(いいので)下半身の事情よりも仕事をどれだけやって…、ここで終わりになっちゃうのはもったいないと感じる」などと発言した。

 一方、タレントとの不倫が報じられ、議員辞職した宮崎謙介元衆院議員については昨年2月のTOKYO MXのバラエディ番組「バラいろダンディ」で、「税金で給与もらってる。私の財布からお金取っていってるのに不倫している」と述べていた。

 待機児童問題で名を挙げ、自らも幼い子供を抱える山尾氏と、イクメンを売りにしていた宮崎氏がそれぞれ不倫疑惑を報じられており、共通点も多いはずなのだが、識者によってはトーンが違う発言も見受けられる。

 毎日新聞社取締役でジャーナリストの小川一氏は今月5日、自身のツイッターで「山尾志桜里氏の幹事長交代。(中略)こういうスキャンダルで政治や政局が動くのは残念です」と投稿した。

 しかし、宮崎氏の不倫問題については昨年2月、〈自民党は議員の資質を欠くような人物を国会に送り込んだことを深く反省すべきだ〉との毎日新聞社説について「『そうだ!』と思わず声の出る社説です」とツイートしていた。

 元通産官僚の評論家、八幡和郎氏は「公正な立場に立つことなく、片方の立場にくみする姿勢は、典型的なダブルスタンダードだというほかない」と話す。そのうえで政治家の姿勢についてこう問いかけた。

 「宮崎氏の騒動の際、山尾氏はテレビで批判的なコメントを出したが、いまのところ自民党の議員が山尾氏を攻撃する動きはみられない。政治家が政治家のスキャンダルをたたくのはいかがなものかと思う」

fuji

トピックスRSS

ランキング