米下院、トランプ大統領の弾劾訴追決議案を可決 上院で裁判へ

ロイター / 2021年1月14日 8時21分

米下院は13日、トランプ大統領の支持者が連邦議会議事堂に乱入した事件を巡り、反乱を扇動したとして大統領を弾劾訴追する決議案を採決し、232対197の賛成多数で可決した(2021年 ロイター/JONATHAN ERNST)

[ワシントン 13日 ロイター] - 米下院は13日、トランプ大統領の支持者が連邦議会議事堂に乱入した事件を巡り、反乱を扇動したとして大統領を弾劾訴追する決議案を採決し、232対197の賛成多数で可決した。

共和党からは10人が賛成票を投じた。今後、上院で弾劾裁判が開かれることになる。

トランプ氏は2回の弾劾訴追を受けた史上初の米大統領となった。

ただし、トランプ大統領の4年の任期が終わりバイデン氏が大統領に就任する1月20日までに、トランプ氏の罷免が実現する公算は小さいとみられている。

上院共和党トップのマコネル院内総務は、弾劾裁判の即時開始を求める民主党に対して、トランプ氏の退任までに裁判を終える時間はないとして、要求を拒絶した。

この日の下院での採決は、ライフルで武装した州兵が議事堂の内外を警備する物々しい雰囲気の中で行われた。

民主党のペロシ下院議長は採決に先立ち「米国の大統領が今回の暴動をあおった」と断じ、トランプ氏は「去らねばならない。われわれ皆が愛する国に対する明白かつ現実の脅威だ」と訴えた。

民主党の大統領候補指名を目指したこともあるフリアン・カストロ議員は、トランプ氏は「歴代の米大統領の中で最も危険な人物」と強調。マキシン・ウォーターズ議員は、トランプ氏は内乱を望んでいると非難、ジム・マクガバン議員は大統領が「クーデターの試みを扇動した」とした。

これまでに弾劾訴追を受けた米大統領は、トランプ氏(2019年)、ビル・クリントン氏(1998年)、アンドルー・ジョンソン氏(1868年)の3人。いずれも、上院の裁判では「無罪」と認定され、罷免は免れている。

<トランプ氏弾劾訴追、共和党から批判の声も>

共和党からは、公聴会など通常の手続きを経ず弾劾訴追を急いだ民主党の手法を疑問視する声も上がり、一部の共和党議員は、国の結束と融和を優先して大統領罷免への動きを断念するよう民主党に求めた。

下院共和党トップのマッカーシー院内総務は、議事堂乱入事件の責任はトランプ大統領にあるとしつつも、「これほど短い期間で大統領を弾劾訴追するのは誤り」との考えを示した。

*内容を追加しました。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング