CBSとバイアコム、再統合で合意 株式交換で

ロイター / 2019年8月14日 4時16分

米メディア大手CBSとバイアコムが13日、再統合で合意した。年間売上高280億ドルを超えるメディア企業が誕生する。ニューヨークで昨年7月撮影(2019年 ロイター/Shannon Stapleton)

[13日 ロイター] - 米メディア大手CBS とバイアコム が13日、再統合で合意した。年間売上高280億ドルを超えるメディア企業が誕生する。

統合は株式交換を通じて行う。バイアコムの株主は、議決権のあるクラスA株および議決権のないクラスB株1株に対しそれぞれCBSの議決のあるクラスAと議決権のないクラスB株0.59625株を受け取る。

株式市場では、バイアコム、CBSともに一時2%超上昇。その後は上げ幅を縮小し、両銘柄ともに0.6%高で推移した。

両社の支配株主は、富豪サムナー・レッドストーン氏と娘のシャリ氏が保有する持ち株会社、ナショナル・アミューズメント(NAI)だ。

過去にも統合交渉が行われたが、首脳部人事や評価額を巡り幹部が対立し、不調に終わっていた。米娯楽大手ウォルト・ディズニー やネットフリックス が支配するメディア業界の競争が激化する中、レッドストーン氏に統合模索を促した側面もある。

統合後企業の最高経営責任者(CEO)には、バイアコムのバキッシュCEOが指名される見通し。

*内容を追加しました。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング