米、一部留学生の入国拒否 学生ビザ規制で=裁判資料

ロイター / 2020年7月14日 6時2分

トランプ米政権が、新型コロナウイルス対策として全ての授業をオンラインで行う学校の留学生にビザ(査証)を発給しない方針を打ち出す中、すでに一部の留学生が入国を拒否されていることが裁判資料で分かった。マサチューセッツ州ケンブリッジのMITで昨年6月撮影(2020年 ロイター/BRIAN SNYDER)

[ワシントン 13日 ロイター] - トランプ米政権が、新型コロナウイルス対策として全ての授業をオンラインで行う学校の留学生にビザ(査証)を発給しない方針を打ち出す中、すでに一部の留学生が入国を拒否されていることが裁判資料で分かった。

この問題を巡ってはハーバード大学とマサチューセッツ工科大学(MIT)が中止を求めて提訴している。

裁判所に提出された法廷助言者意見書によると、移民当局による留学生の入国拒否はすでに始まっており、一例として、デポール大学(シカゴ)の韓国人留学生がサンフランシスコ国際航空で入国を拒否されたとした。

デポール大学では、この留学生が取材に応じることはできないとした。米税関国境取締局(CBP)はコメントを控えた。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング