ユーロ急伸、堅調なドイツ経済成長統計受け=NY市場

ロイター / 2017年11月15日 7時24分

 11月14日、ニューヨーク外為市場は、ドイツの第3・四半期の国内総生産(GDP)速報値が好調だったことなどを受け、ユーロが対ドルで2週間半ぶりの高値を付けた。上昇率は4カ月超ぶりの大きさとなる勢いだ。写真は50ユーロ紙幣。2012年3月撮影(2017年 ロイター/Dado Ruvic/File Photo)

[ニューヨーク 14日 ロイター] - 14日のニューヨーク外為市場は、ドイツの第3・四半期の国内総生産(GDP)速報値が好調だったことなどを受け、ユーロが対ドルで2週間半ぶりの高値を付けた。上昇率は4カ月超ぶりの大きさとなる勢いだ。

終盤の取引で、ユーロ/ドルは1.11%高の1.1794ドル。

ウェルズ・ファーゴ証券の通貨ストラテジスト、エリック・ビロリア氏は「ユーロを押し上げた主因は、朝方発表された堅調なドイツ指標だったようだ」と話す。

ドイツ連邦統計庁が発表した第3・四半期の国内総生産(GDP)速報値(季節調整済み)は前期比0.8%増と、エコノミスト予想(0.6%増)を上回った。

ドイツの欧州経済センター(ZEW)が発表した11月の独ZEW現況指数は改善した。期待水準も引き続き「勇気付けられるほど前向き」だった。

ビロリア氏は、ユーロ高の一因に100日単純移動平均(1.1733ドル)という主要テクニカル水準を突破したことを挙げる。

XEの首席市場ストラテジスト、レノン・スイーティング氏は、欧州発のプラス材料にドルが最近敏感となっている状態が、ユーロ高に寄与したと指摘する。

主要6通貨に対するドル指数<.DXY>は0.7%安の93.828。 10月の米卸売物価指数(PPI)の上昇率が市場予想を上回ったが、ドル指数はほぼ変わらずだった。

ユーロは対英ポンドで0.74%高。10月の英消費者物価指数(CPI)が前年同月比3.0%上昇と、市場予想を下回ったことを受け、追加利上げ観測が後退しポンドが弱含んだ。

ドル/円 NY終値 113.44/113.47

始値 113.64

高値 113.65

安値 113.31

ユーロ/ドル NY終値 1.1796/1.1800

始値 1.1722

高値 1.1805

安値 1.1723

(表はロイターデータに基づいています)

ロイター

トピックスRSS

ランキング