現状に満足せず、潜在成長率上げる取り組み続ける=茂木経財相

ロイター / 2018年2月14日 9時41分

 2月14日、茂木敏充経済財政政策担当相は、2017年10─12月期の国内総生産(GDP)速報後に記者会見し、「この状態で満足しているということではなく、潜在成長率をさらに引き上げる取り組みを続ける」と語った。写真は昨年8月に会見する同経済財政政策担当相。東京で撮影(2018年 ロイター/Kim Kyung-Hoon)

[東京 14日 ロイター] - 茂木敏充経済財政政策担当相は14日、2017年10─12月期の国内総生産(GDP)速報後に記者会見し、「この状態で満足しているということではなく、潜在成長率をさらに引き上げる取り組みを続ける」と語った。実質成長率は8四半期連続でプラスとなり、「今の経済成長は着実に進んでいる。実態の伴った景気回復が何より重要」との考えを示した。

消費動向を巡っては「家計部門でも改善の動きが広がっており、経済の好循環が実現しつつある」と述べた。

GDP速報後に公表した大臣談話では、「景気は緩やかに回復していると認識している」とした。先行きについては、「民需を中心とした景気回復を見込んでいる。ただし、海外経済の不確実性や金融資本市場の変動の影響に留意する必要がある」との認識を示した。

(梅川崇)

ロイター

トピックスRSS

ランキング