1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. 経済

米Wファーゴ、第2四半期利益が予想超え 貸倒引当金戻し入れで

ロイター / 2021年7月15日 1時28分

[14日 ロイター] - 米金融大手ウェルズ・ファーゴ(Wファーゴ)が14日発表した第2・四半期決算は利益が市場予想を上回った。貸倒引当金16億ドルの戻し入れが利益を押し上げた。

第2・四半期の純利益は60億ドル(1株当たり1.38ドル)。前年同期は38億5000万ドル(同1.01ドル)の純損失を計上していた。リフィニティブのアナリスト予想平均は1株当たり0.97ドルの利益だった。

前年同期は貸倒引当金95億ドルを積み増したほか、不正営業問題に関連し12億ドルの損失を計上していた。

Wファーゴの株価は序盤に約3%上昇したものの、その後は伸び悩んでいる。

平均貸付額は前年同期の9713億ドルから8547億ドルに減少。

ローン需要の低調と低金利により、本業の収益源である純金利収入(NII)は11%減少した。

総収入は11%増の202億7000万ドルだった。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング