タイ、入国規制を厳格化 海外渡航者2人がコロナ感染

ロイター / 2020年7月14日 19時47分

 7月14日、タイ政府は、海外からの渡航者2人に新型コロナウイルス感染が確認されたことから、外国人の入国規制を厳格化した。写真は6月、バンコクの空港で撮影(2020年 ロイター/Athit Perawongmetha)

[バンコク 14日 ロイター] - タイ政府は14日、海外からの渡航者2人に新型コロナウイルス感染が確認されたことから、外国人の入国規制を厳格化した。

タイでは新型コロナの市中感染が50日間出ていなかったが、今週に入り外国人の渡航者2人が感染したことが判明し、2人に接触した可能性がある400人以上が自主隔離する事態となっている。

感染した外国人は、エジプト軍機の乗員と、スーダンの外交官の家族の9歳の女の子で、いずれも当局の監督下での14日間の隔離が免除されていた。

政府は、外交官や航空機の乗員向けの規制が甘すぎたと認め、プラユットは国民に謝罪した。

これまで自宅での自主隔離が認められていた外交官とその家族は、政府の監視下での隔離を義務付けられる。

ソーシャル・メディアなどでは、感染第2波やロックダウン再導入を心配する声が広がっている。

女の子が在留するバンコクでは2つの学校が閉鎖され、エジプト軍機の乗員が先週到着したラヨーン県では少なくとも10校が閉鎖した。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング