日馬富士、逮捕の可能性も…引退からの廃業必至 角界関係者「常軌を逸している」

夕刊フジ / 2017年11月15日 17時6分

写真

稽古を終え、暴行について謝罪する日馬富士=14日午前、福岡県太宰府市(夕刊フジ)

 大相撲の横綱・日馬富士(33)=伊勢ヶ浜部屋=が10月26日の鳥取巡業後に行われた宴会で、同じモンゴル出身の東前頭8枚目・貴ノ岩(27)=貴乃花部屋=をビール瓶で殴り、頭蓋骨骨折の重傷を負わせていたことがわかった。日馬富士は14日午前、現在開催中の九州場所の休場を申し出た。警察が傷害事件として捜査に乗り出すのは確実で、現役横綱が逮捕される可能性すら否定できない。進退問題への発展も必至だ。

 「貴ノ岩のけがにつきましては、貴乃花親方、貴乃花部屋の後援会、相撲協会、うちの部屋の親方に大変ご迷惑をかけたことを、深くおわび申し上げます」

 日馬富士は14日午前、報道陣の前に現れて頭を下げた。その後、伊勢ヶ浜親方(元横綱・旭富士)とともに、貴ノ岩が所属する貴乃花部屋(福岡県内)に向かった。

 一方、日本相撲協会は同日、九州場所の会場である福岡国際センターで緊急会合を開いた。

 相撲協会関係者によると、日馬富士は鳥取で巡業終了後、後輩のモンゴル出身力士を集めて宴会を開いたが、酔って貴ノ岩に絡み、態度が気に入らないという理由で近くにあったビール瓶で殴打したという。

 貴ノ岩は九州場所を初日から休場し、相撲協会が2日目の13日に「脳しんとう、左前頭部裂傷、右外耳道炎、右中頭蓋底骨折、髄液漏の疑いで全治2週間程度と考えられる」とする診断書を公表。それによると貴ノ岩は今月5日から9日まで福岡市内の病院に入院していた。

 日馬富士は9月の先場所(秋場所)で4敗を喫しながら、3横綱2大関が休場する異常事態にも助けられ、大関・豪栄道との優勝決定戦の末、7場所ぶり9回目の優勝を飾った。とはいえ、今年は1月の初場所で右太もも肉離れを発症し7日目から休場したのをはじめ、古傷の左肘痛にも苦しみ満身創痍。「引退の日も遠くない」との見方が専らだった。

 今場所は、貴ノ岩の休場を気に病んでか、初日は小結・阿武咲(阿武松部屋)、2日目は貴ノ岩と同部屋の貴景勝に連敗を喫していた。

 入幕後の2006年には、モンゴルで警察官の父親が交通事故死。日馬富士本人もモンゴル警察官の資格を得るために、モンゴル警察大学の通信教育を受けていた。絵画の腕前は玄人はだし。14年3月には、法大の大学院政策創造研究科に合格し、横綱と大学院生の二足のわらじを履いたが、現在は休学。16年4月からは力士会の会長を務めている。

 モンゴル国籍で、日本帰化が条件の親方株を取得しておらず、仮に現時点で引退に追い込まれることになれば、「廃業」となり日本相撲協会に残れない。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
fuji

トピックスRSS

ランキング