1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. 経済

中国10月統計、生産・消費ともに予想超え 不動産減速が先行き圧迫

ロイター / 2021年11月15日 14時17分

 11月15日、中国国家統計局が15日に発表した10月の鉱工業生産は、前年同月比で3.5%増加した。写真は天津の工場で9月撮影(2021年 ロイター/Tingshu Wang)

[北京 15日 ロイター] - 中国国家統計局が15日に発表した10月の鉱工業生産は、前年同月比で3.5%増加した。伸び率は前月の3.1%から加速し、ロイターがまとめた予想の3.0%も上回った。

同月の小売売上高は4.9%増。予想は3.5%増、9月は4.4%増だった。

新型コロナウイルス流行に関連した規制や供給不足があったものの、生産と消費は予想を上回る伸びとなった。ただ、不動産セクターの減速が景気見通しを圧迫している。

オックスフォード・エコノミクスのアジア経済担当責任者、ルイス・クイジス氏はノートで「不動産の低迷が業界を圧迫する中、10月の景気モメンタムは弱いままだった」と指摘。「成長の過度な落ち込みを防ぐため、政策当局者がさらなる緩和措置を講じるとわれわれは見ている」とした。

また、需要低迷は単なる供給制約よりも幅広い産業を減速させているとした上で、緩和措置の効果は来年初めにも出始める必要があると付け加えた。

上海保銀投資管理(ピンポイント・アセット・マネジメント)のチーフエコノミスト、張智威氏は「年内の成長は低迷しそうだ。新型コロナの流行で移動制限を強化する都市が増え、11月のサービス部門に悪影響を及ぼしそうだ。不動産セクターの減速は悪化している」と指摘。「(これが)向こう数四半期のマクロ見通しの主要リスク」だと付け加えた。

また「マクロ政策はターニングポイントに近付いていると考えている。投資の低迷トレンドを安定させるため、年末あたりに政府が財政支出を強化するとわれわれは見ている」とした。

統計局の付凌暉報道官は、スタグフレーションの兆候は高水準の国際コモディティー(商品)価格といった短期的要因によって引き起こされていると述べた。

1─10月の固定資産投資は前年同期比6.1%増加した。予想の6.2%をやや下回り、1─9月の7.3%増から減速した。

1─10月の不動産投資は、前年同期比7.2%増加した。1─9月の8.8%増から伸びが鈍化した。不動産販売(床面積ベース)は前年比7.3%増加。1─9月は11.3%増だった。新築着工(床面積ベース)は前年比7.7%減少。1─9月の4.5%減よりも大きな落ち込みとなった。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

10秒滞在

記事を最後まで読む

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください