1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. 経済

東京マーケット・サマリー

ロイター / 2021年11月16日 18時14分

■レートは終値(前日比または前週末比)、安値─高値

<外為市場>

ドル/円 ユーロ/ドル ユーロ/円

午後5時現在 114.25/27 1.1376/80 130.00/04

NY午後5時 114.12/13 1.1367/71 129.74/78

午後5時のドル/円は、前日ニューヨーク市場午後5時時点に比べてややドル高/円安の114円前半。米長期金利が1.6%台と底堅く推移していたことが支えとなり、午前の取引では114.31円付近まで上昇する場面もみられた。ただ、その後はオンラインで開催された米中首脳会談をにらみ、様子見姿勢が広がった。

<株式市場>

終値 前日比 寄り付き 安値/高値

日経平均 29808.12 +31.32 29749.71 29,681.25─29,960.93

TOPIX 2050.83 +2.31 2050.24 2,046.87─2,062.81

東証出来高(万株) 119059.00 東証売買代金(億円) 27093.16

東京株式市場で、日経平均は小幅に続伸した。全体的に手掛かりを欠いて模様眺めムードが強い中、好決算銘柄が引き続き物色された。心理的節目である3万円に接近する場面もあったが、戻り売りへの警戒感が上値を抑えて伸び悩んだ。

東証1部の騰落数は、値上がり890銘柄に対し、値下がりが1189銘柄、変わらずが104銘柄だった。

<短期金融市場> 

無担保コール翌日物金利(速報ベース) -0.037

ユーロ円金先(22年3月限) ───

3カ月物TB ───

無担保コール翌日物の加重平均レートは、速報ベースでマイナス0.037%になった。前営業日(マイナス0.030%)から低下した。「本日から新しい積み期となったため、加重平均レートは昨日からは低下した」(国内金融機関)という。ユーロ円3カ月金利先物は閑散。

<円債市場> 

国債先物・21年12月限 151.66 (-0.11)

安値─高値 151.61─151.68

10年長期金利(日本相互証券引け値) 0.070% (+0.005)

安値─高値 0.070─0.070%

国債先物中心限月12月限は前営業日比11銭安の151円66銭と続落して取引を終えた。10年最長期国債利回り(長期金利)の引け値は、前営業日比0.5bp上昇の0.070%。

<スワップ市場・気配> 

2年物 0.06─-0.04

3年物 0.07─-0.03

4年物 0.07─-0.02

5年物 0.08─-0.01

7年物 0.11─0.01

10年物 0.17─0.07

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

10秒滞在

記事を最後まで読む

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください