イラン産燃料油、中国の港湾で荷降ろし=追跡データ

ロイター / 2019年5月16日 15時32分

 5月16日、米国の対イラン制裁に違反してイラン産燃料油を積んでいたタンカーから、中国の舟山近くの貯蔵タンクに荷降ろしが行われたことが、リフィニティブ・アイコンの船舶追跡データで明らかになった。写真はペルシャ湾沿岸で2005年7月撮影(2019年 ロイター/Raheb Homavandi)

[シンガポール/北京 16日 ロイター] - 米国の対イラン制裁に違反してイラン産燃料油を積んでいたタンカーから、中国の舟山近くの貯蔵タンクに荷降ろしが行われたことが、リフィニティブ・アイコンの船舶追跡データで明らかになった。

石油貯蔵ターミナルの関係者1人も荷降ろしを確認した。

「マーシャルZ」という名のタンカーから降ろされたのは約13万トンのイラン産燃料油。

ロイターは3月、洋上で積み荷を船から別の船に移す「瀬取り」や文書の偽造などにより、一部のイラン産燃料油が米国の石油禁輸制裁を逃れた可能性があると報じた。

ターミナル運営会社の別の関係筋は、同ターミナルでは少なくとも4年前からイランからの正式な積荷を受け取っていないとし、マーシャルZから降ろされた積荷はイラン産の石油であるはずがないと述べた。

米政府は今月、イラン産原油の禁輸措置について中国など一部の国・地域に認めていた適用除外措置を撤廃し、制裁を強化した。燃料油など石油精製品は、適用除外措置の対象に含まれていなかった。

中国のターミナルに到着するまでのマーシャルZの船舶追跡データによると、同船舶の喫水はターミナル到着後の5月12日に荷降ろしが完了したことを示している。

ロイターは荷降ろしを巡る金銭面の情報を入手できていないが、業界関係者は、買い手を確保するため低価格で売却された可能性が高いとの見方を示した。

ロイターは燃料油の買い手を特定できていない。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング