1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 国際
  4. 国際総合

中国、WSJなど米3紙記者の取材証剥奪 米の対応に報復

ロイター / 2020年3月18日 4時11分

中国外務省は18日、ウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)など米3紙に所属する記者の取材証を剥奪すると発表したバージニア州アーリントンで2018年11月撮影(2020年 ロイター/Yuri Gripas)

[北京 18日 ロイター] - 中国外務省は18日、ウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)など米3紙に所属する記者の取材証を剥奪すると発表した。

外務省は声明で、WSJやニューヨーク・タイムズ(NYT)、ワシントン・ポスト(WP)の記者で年内に取材証が切れる米国人に対し、10日以内に取材証を返還するよう命じた。これらの記者は今後、中国本土や香港、マカオでの就労が禁じられる。

取材証が剥奪される記者の数は不明。

さらに、相互主義の観点から上記3紙に加え、米政府が運営する国営アメリカの声(VOA)放送やタイム誌に対し、中国国内での従業員や財務状況、不動産などに関する情報を書面で申告するよう命じた。

米政府は今月2日、主要な中国国営メディアの米支局に勤務する中国人職員の数を制限すると発表。「長期にわたるジャーナリストへの脅迫と嫌がらせ」を巡る中国への報復措置とした。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング