1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. 経済

前場の日経平均は反発、米ハイテク株高が支援 円安も追い風

ロイター / 2022年1月17日 12時4分

 1月17日、前場の東京株式市場で、日経平均は前営業日比194円26銭高の2万8318円54銭と、反発した。2017年撮影(2022年 ロイター/Thomas White)

[東京 17日 ロイター] - 前場の東京株式市場で、日経平均は前営業日比194円26銭高の2万8318円54銭と、反発した。前週末の米ハイテク株高を好感して高く始まったが、買い一巡後は利益確定売りが重しとなった。

日経平均は、前週の下落からの自律反発狙いの買いが先行して高く寄り付いた。ただ「2万8500円を回復する勢いもみられず、いったん利益確定売りが強まった」(国内証券)とされ、前引けにかけて次第に上げ幅を縮小した。

半導体関連・電子部品などの上昇が指数を押し上げた。米市場でハイテク株比率の高いナスダック総合やフィラデルフィア半導体指数(SOX指数)が上昇したことが支援した。

市場では「売られすぎたグロース株を買い戻す動きがあった。一方、グロース(成長)株からバリュー株への資金シフトも続いた」(しんきんアセットマネジメント投信の藤原直樹運用本部長)との見方が聞かれた。

高PER(株価収益率)銘柄として売り圧力が強かったキーエンスはプラスになる場面もあったが、前場終値は横ばい。一方、円安や金利上昇など「業績貢献がわかりやすい」(国内証券)として自動車や、銀行などの金融は買われた。トヨタ自動車は上場来高値を更新した。

TOPIXは0.42%高で午前の取引を終了。東証1部の売買代金は1兆2980億8700万円だった。東証33業種では、鉱業、ゴム製品、精密機器など24業種が上昇し、海運業、保険業、金属製品などの9業種が値下がりした。

ファーストリテイリングやソフトバンクグループ、INPEXが買われた一方、オムロンや資生堂、エムスリーは軟調だった。

東証1部の騰落数は、値上がりが991銘柄(45%)、値下がりが1073銘柄(49%)、変わらずが119銘柄(5%)だった。

取引時間中に発表された中国の2021年第4・四半期国内総生産(GDP)は前年比4.0%増加となった。伸び率は市場予想を上回ったが、1年半ぶりの低水準となった。12月の中国小売売上高は前年比プラス1.7%で、市場予想のプラス3.7%を下回った。

内閣府が朝方に発表した11月の機械受注統計は、設備投資の先行指標である船舶・電力を除いた民需の受注額(季節調整値)は、前月比3.4%増で市場予想を上回った。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

10秒滞在

記事を最後まで読む

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください