センター試験始まる=58万人志願―大雪で繰り下げも

時事通信 / 2018年1月13日 11時51分

 大学入試センター試験が13日、全国695の会場で始まった。志願者数は前年度より6704人多い58万2671人。2日間の日程で、13日は午前に地理歴史・公民、午後には国語と、英語のリスニングを含む外国語の試験が実施される。14日は理科と数学。

 大学入試センターによると、13日は大雪の影響による公共交通機関の遅延などで、新潟市西区の新潟大、同市中央区の日本歯科大で試験開始時刻を1時間繰り下げた。このほか、人身事故や車両トラブルによる電車の遅れで、横浜市と滋賀県の計5会場でも試験開始が繰り下げられた。

 志願者のうち、今春高校などを卒業予定の現役生は前年度比1728人増の47万3570人で、全体の81.3%。高卒予定者全体に占める志願者の割合は0.7ポイント増の44.6%と過去最高になった。高校の既卒者ら浪人生は4830人増の10万3948人。2年連続で増加し、4年ぶりに10万人を超えた。

 センター試験を利用する国公私立の大学・短大は前年度と同じ848校。大学が3校増えて過去最多の697校、短大は3校減の151校となる。

 平均点の中間発表は17日、得点調整の有無の発表は19日に予定されている。 

[時事通信社]

jiji

トピックスRSS

ランキング