1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 国際
  4. 国際総合

英ウィリアム王子創設のアースショット賞、ミラノなど受賞

ロイター / 2021年10月18日 15時13分

地球環境問題への取り組みを表彰するために英ウィリアム王子が創設した「アースショット賞」の受賞者が17日発表され、ミラノ市やコスタリカなどが選ばれた。写真はロンドンで17日撮影(2021年 ロイター/HENRY NICHOLLS)

[ロンドン 17日 ロイター] - 地球環境問題への取り組みを表彰するために英ウィリアム王子が創設した「アースショット賞」の受賞者が17日発表され、ミラノ市やコスタリカなどが選ばれた。

同賞は新技術や政策を通じて環境問題への解決策を探求する目的で創設。5部門の受賞者にはそれぞれ100万ポンド(137万ドル)の賞金が授与される。

ミラノは、食品を再利用して困窮者に分配する廃棄食品回収システムを考案し、「ゴミの出ない世界を作る」部門で受賞。また、コスタリカは植樹や生態系再生で市民に手当を支払うプログラムにより「自然を保護し回復する」部門で受賞した。

ウィリアム王子は、ロンドンで行われたイベントに寄せたビデオメッセージで、「われわれは人類史上最も重要な時代に生きている。今後10年間にわれわれが行うか行わないかを選択する行動は、今後1000年の地球の運命を決定する」と述べた。

王子は、世界の指導者が気候変動危機に真剣に取り組んでいないと批判。エリザベス女王も、世界の指導者は気候変動について話し合うばかりで、地球温暖化対策につながる行動を起こしていないといら立ちを示している。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング