1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. 経済

インフレ圧力、来年も続く可能性─伊中銀総裁=報道

ロイター / 2021年10月18日 18時38分

[フランクフルト 18日 ロイター] - 欧州中央銀行(ECB)理事会メンバーのビスコ・イタリア中銀総裁は18日、コモディティー価格の上昇や供給制約といった、ユーロ圏の物価押し上げ要因について、来年も影響を与える可能性があるものの、依然おおむね一時的と考えていると述べた。ブルームバーグTVに語った。

ビスコ氏は、ECBが2022年終盤に利上げするとの市場の予想はECBのガイダンスと合致していないと指摘した。ECBは、インフレ率が2%で安定するまで金利は超低水準にとどまるとしている。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング