停電、全面復旧13日以降=千葉県成田市など遅れ―東電

時事通信 / 2019年9月11日 21時28分

 東京電力ホールディングスは11日、台風15号の影響で千葉県を中心に続く停電について、同県成田市や木更津市などは復旧が13日以降にずれ込むとの見通しを明らかにした。台風被害が想定より深刻で、電力供給の回復に向けた作業が遅れているという。千葉市などの約6万軒は12日中に復旧する見通し。

 台風15号で停電となった世帯は一時、約93万4900軒に達した。既に半数は回復したものの、11日深夜でなお約40万軒で停電が続く見通し。

 東電は、現在約9000人で進めている復旧作業を強化し、他の電力会社の応援も得て12日朝までに約1万1100人に増員する。

 子会社の東京電力パワーグリッドの塩川和幸技監は記者会見で「全面復旧に1週間かかる状況ではない」と説明。ただ、「東日本大震災以降で最大級の停電軒数・期間になる」と語った。 

[時事通信社]

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング