バイデン次期米大統領、欧州・ブラジルからの入国制限解除を阻止へ

ロイター / 2021年1月19日 10時38分

バイデン次期米大統領は、欧州やブラジルの大半地域に最近滞在した非米国籍の人の入国制限を1月26日に解除するトランプ大統領の決定について、解除を阻止する考えだ。写真は地元デラウエア州ウイルミントンのクイーンシアターを出発するバイデン氏。1月18日撮影。(2021年 ロイター/Tom Brenner )

[ワシントン 18日 ロイター] - バイデン次期米大統領は、欧州やブラジルの大半地域に最近滞在した非米国籍の人の入国制限を1月26日に解除するトランプ大統領の決定について、解除を阻止する考えだ。サキ報道官が明らかにした。

トランプ氏は18日、同入国制限の解除に関する大統領令に署名した。

これを受けてサキ氏はツイッターに「私たちの医療チームの助言を踏まえ、(バイデン)政権は26日にこれらの制限を解除するつもりはない」と投稿した。

新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)は「悪化しており、感染力が強い変異種も世界中で出現しているため、海外渡航への制限を解除する時ではない」とした。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング