1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 国際
  4. 国際総合

米大統領「仕事は終わってない」、就任1年で会見

ロイター / 2022年1月20日 8時31分

 1月19日、バイデン米大統領(写真)は就任1年に合わせて記者会見を開いた。ホワイトハウスで撮影(2022年 ロイター/Kevin Lamarque)

[ワシントン 19日 ロイター] - バイデン米大統領は19日、就任1年に合わせて記者会見を開いた。課題と進展の1年だったと振り返り、新型コロナウイルス検査などを巡り国民の間に不満があることを認識していると述べた。一方、米国はコロナ禍や物価高がもたらす課題に対処できるとの見方を示した。

自身の政策に対する野党・共和党の反発は予想以上に強固だったとした上で、政策の必要性を有権者に直接訴えると表明。「われわれの仕事はまだ終わっていない」と述べた。

ただ、看板政策の気候変動・社会保障関連歳出法案「ビルド・バック・ベター(よりよき再建)」について、従来の形では成立が難しいと認め、分割した上で可決が可能との見方を示した。

会見ではウクライナ情勢を巡るロシアとの緊張の高まりについても質問が相次ぎ、大統領は「ロシアが侵攻すれば、その責任を負うことになる」と強調した。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

10秒滞在

記事を最後まで読む

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください