昭和電工、『2012年社長年頭挨拶要旨』

JCN Newswire / 2012年1月4日 11時11分

Tokyo, Jan 4, 2012 - (JCN Newswire) - 昭和電工(TSE:4004)の代表取締役社長である市川秀夫は本日、2012年社長年頭挨拶を行いました。要旨は以下のとおりです。

東日本大震災やタイの大洪水など、内外で未曾有の天災が相次いだ2011年は、同時に日本企業の底力、それを支える日本国民の協調性・忍耐力・勤勉性などを示した年でもありました。昨年から中期経営計画「ペガサス」をスタートさせた当社グループにとっても試練の多い年でしたが、事業強化に向けて具体的な施策を実行し、成果に結びつけた一年でもありました。

長期化する円高の動き、欧州の金融危機、資源価格の高騰などの諸課題は本年2012年に持ち越され、引き続き厳しい事業環境であることに変わりはありません。加えて、本年は世界的に政治、経済など様々な分野で大きな変化が生じることが確実です。

このような事業環境下、2012年は「付加価値創出型企業への進化」を私たちの目標とします。当社グループが掲げる「国際社会で存在感ある企業」となるためには、社会に対して独自の付加価値を提供していかなくてはなりません。また、変化し続ける国際情勢にも素早く対処できる強靭な企業体質を作り上げることで、想定外と評される事態であっても想定内の事態へと転化させ、様々なリスクを減少し軽減させることができます。スピーディーな決断と実行により、当社グループならではの価値ある製品・技術を社会に提供していきましょう。

世界を舞台に1人ひとりが「具体化。」を

エネルギー問題や温室効果ガス削減に代表される環境問題は地球規模の課題ですが、私たちが持つ特長ある製品や技術をもって、人類の持続的発展に向けた問題解決に貢献することができます。また、日本の市場が成熟化する中で、急速な成長を遂げつつある新興国など海外市場には、私たちの成長と飛躍のチャンスが広がっています。このように社会の変化を前向きに捉え活動することで、グローバルに広がり多様な個性を持つ当社グループ社員の一つひとつの取り組みは大きな力となっていきます。私たちの熱意と団結力で、1人ひとりの「具体化。」を成し遂げ、実り多い2012年にしましょう。

昭和電工株式会社

詳細は www.sdk.co.jp をご覧ください。



Source: 昭和電工株式会社

Contact:

報道機関お問合せ先
IR・広報室
03-5470-3235
Copyright 2012 JCN Newswire. All rights reserved.

jcn

トピックスRSS

ランキング