Smith MicroおよびStoke、無線ネットワーク間のモバイル接続でセキュリティを保つEnd-to-Endソリューションを認定

JCN Newswire / 2012年2月14日 12時53分

ALISO VIEJO, CA, Feb 14, 2012 - (JCN Newswire) - 無線およびモビリティソリューションの大手プロバイダのSmith Micro Software, Inc. (NASDAQ: SMSI)と、モバイルブロードバンド開発業者のStoke, Inc. はSmith MicroのMobile Network Director(TM)ソリューションとStokeのWi-Fi eXchange Gateway ソリューションの相互運用性を認定するために、両社が提携したことを本日発表しました。相互運用テストにより、通信事業者は、重要なネットワーク混雑問題に対応し、加入者にセキュアで途切れのない無線接続を、Wi-Fiでも提供するために、統合ソリューションを安心して展開できます。

Smith MicroのMobile Network Director (MND)は、モバイル通信事業者が、モバイル機器から3G、4GおよびWi-Fiネットワークへのデータトラフィックネットワークリソースを、ポリシーとリアルタイムの状況によって最適化するのに役立ちます。マルチメディアデータサービスに最適化されたWi-Fi eXchangeにより、通信事業者は、パフォーマンスのボトルネックの可能性を回避するために、効率的に3G/4GからWi-Fiネットワークへのデータトラフィックを経路指定することができます。これらのソリューションはともに機能することで、加入者が異なるネットワーク技術間を移動する場合にも、モバイル事業者のコアネットワークへのセキュアなアクセスを保ちつつ、スムーズでシームレスなエクスペリエンスを提供します。

どちらのソリューションも、スタンドアロンで運用できます。データ負荷軽減戦略にMNDクライアントを追加した場合の価値には、以下のようなものがあります。

1. リアルタイムユーザーの活動とネットワーク外の状況に基づいた動的で効率の高いデータトラフィック負荷軽減

2. ユーザーの家庭内Wi-Fiネットワークなどの、信頼されていないネットワーク上でのセキュリティおよび認証

3. ユーザーエクスペリエンスの拡大と負荷軽減ポリシーの調整のために、通信事業者のネットワーク外でも、接続行動に関する価値の高い知見を提供

4. 負荷軽減に関してインテリジェントな意思決定を行う際に、ネットワークトラフィックを生成せず、また、貴重なコアネットワークのリソースを消費せずに、デバイスの計算能力を使用

Smith Micro CTOのDavid Sperlingによれば、「通信事業者は、データの負荷軽減によりネットワークの混雑を軽減する方法を探していますが、その場合、高品質のユーザーエクスペリエンスを維持することが重要になってきます。Mobile Network DirectorクライアントとStoke社先進ゲートウェイソリューションを実装することで、通信事業者は、データトラフィックを伝送するネットワークの種類にかかわらず、シームレスにでセキュアなエクスペリエンスを確実に提供することができます。」

Stoke CTOのDave Williamsは、次のように述べました。「検証プロセスでは、モバイル通信事業者が、堅牢なend-to-endのデータ負荷軽減ソリューションを作るために、Smith Microのインテリジェントなトラフィック管理クライアントを、StokeのWi-Fi eXchangeとともに安心して展開できるようにするために、重要なアシュアランスを行います。これにより、通信事業者は、鉄壁のセキュリティを保持し、加入者が接続しているのが携帯電話アクセスネットワークでない場合でも、一貫したサービスへのアクセスを提供することができます。」

相互運用認証には、I-WLAN相互運用性テストも含まれ、ネットワークコアにトラフィックを送受信しながら、クレデンシャルベースの認証、キャリアグレード暗号化、およびIPパケット一元制などの堅牢な3GPP規格へのコンプライアンスを実証します。さらに、モバイルデバイスが、信号品質が低く不安定な無線環境や、モバイル機器が無線ネットワークで異なるIPアドレスを割り振られてローミングを行う場合に、特に重要な、ネットワークコアリソースへの永続的なセキュリティトンネルを維持できるように、無線プロトコルIETF MOBIKEのテストをカバーしています。MOBIKEのサポートは、Stokeのゲートウェイソリューションの先進機能で、MNDクライアントでもサポートされるようになりました。

Mobile Network DirectorとStokeのモバイルデータゲートウェイソリューションの統合のメリットについて詳しくは、「Wi-Fi Offload Evolution」白書( http://info.smithmicro.com/smithmicro-stoke-whitepaper/ )をダウンロードしてください。

Mobile Network Directorについて:

Mobile Network Directorは、3G、4GおよびWi-Fiネットワーク間のモバイルデータトラフィックを管理するために、オンデバイス制御を提供しています。無線通信事業者が、加入者に高品質のエクスペリエンスを提供しながら、ネットワークの混雑を低減するのに役立ちます。Mobile Network Directorは、Smith MicroのExperience Manager(TM)プラットフォームのコンポーネントで、モバイル事業者、デバイスメーカー、大企業が、ネットワークやデバイスなどのリソースを最適化しつつ、モバイルエクスペリエンスを簡素化し、セキュリティを保ち、拡大するのに役立ちます。

Stoke, Inc.について

Stokeはモバイル業界唯一の、3Gおよび4Gモバイルブロードバンドインフラ向けに、未来に焦点を当てた考察とソリューションを提供する変革プラットフォームです。Stokeでは、今日の3Gモバイルデータサービス提供の新たな現実に取り組む支援をすることで、モバイル事業者が、Business-Crossover(TM)の考察アプリケーションを通して、従来の手法やアーキテクチャにありがちだった限界を克服し、明日の4Gサービスプラットフォームへの移行を成功裏に導くことができるようにします。詳しい情報は www.stoke.com をご覧ください。

Smith Micro Software, Inc.について

Smith Micro Software, Inc.は、モバイルエクスペリエンスを簡素化し、セキュリティを高め、拡大するソフトウェアソリューションを提供しています。弊社の製品およびサービスのポートフォリオには、接続管理と通信ソリューションがあります。Smith Microのソリューションには、世界の大手無線通信事業者、デバイスメーカー、大手企業などで使用されているクライアントおよびサーバーソフトウェアアプリケーションがあります。Smith Micro Software (NASDAQ: SMSI)について詳しくは、smithmicro.comをご覧ください。

セーフハーバー条項:

このリリースには、リスクと不確実性を伴う将来予想に関する記述(forward-looking statement)が記載されています。その中には、下記のものが含まれますが、これに限定されるものではありません。同社の四半期ごとの売上高ガイダンス、財務予測などの業績予測、同社がビジネスを拡大する能力、新しい製品とサービスの期待されたタイミングと財務面での業績、買収の可能性などに関する将来予想に関する記述。実際の結果が将来予想に関する記述に明示または黙示された内容と大幅に違う原因となりうる重要な要因には、顧客やエンドユーザからの同社製品に対する需要の変化、モバイル通信製品の新技術や技術の変化、そのような技術や製品に対する顧客の受容度、経済状況の悪化や低迷、他のソフトウェアプロバイダと同社が効果的に競争する能力。上記の要因や他の要点については、書式10-Kや10-Qなど、同社が米国証券取引委員会に提出した書類に記載されていますが、これらは、将来予想に関する記述に明示または暗示されている内容と、結果が大きく異なる原因となりうるものです。このリリースに記載された将来予想に関する記述は、このリリース時点の経営陣の将来の出来事や業績に関する視点と仮説に基づいたものであり、同社は、このリリースの日付以降に起きた出来事を反映するために、これらの記述を変更する義務を負いません。

Smith Micro、Mobile Network Director、およびSmith Microのロゴは、Smith Micro Software, Inc.の商標または登録商標です。他のすべての商標および製品名は、それぞれの企業の資産です。

プレスお問い合わせ先:
Suzanne Runald
Smith Micro Software, Inc.
+1-949-360-8591
pr@smithmicro.com

Brittney Wolff/Lauren Grassetti
LEWIS PR (Smith Micro担当)
+1-619-677-2700
smithmicro@lewispr.com

Smith Micro Software, Inc.





Source: Smith Micro Software, Inc.Copyright 2012 JCN Newswire. All rights reserved.

jcn

トピックスRSS

ランキング