ヘイズ、転職を成功させるためのアドバイスを発表―転職の主な動機は、キャリア・アップ、報酬増、ワーク・ライフ・バランスの改善

JCN Newswire / 2012年2月20日 15時1分

Tokyo, Feb 20, 2012 - (JCN Newswire) - 人材紹介会社のヘイズ・スペシャリスト・リクルートメント・ジャパン株式会社(本社:東京都港区、代表取締役:クリスティーン・ライト、以下ヘイズ・ジャパン)は2011年11月に実施した中途採用に関する調査結果を基に、転職を成功させる鍵となるアドバイスを発表しました。本調査で、過去1年間に転職した人に主な転職理由を聞いたところ、33%が「キャリア・アップ」を挙げ、続いて「報酬増」(29%)、「新しい分野で専門性を身につける」(22%)、「ワーク・ライフ・バランスの改善」(22%)、「福利厚生の向上」(13%)、「新しい仕事へのチャレンジ」(11%)と続いています(複数選択可)。

ヘイズ・ジャパン代表取締役のクリスティーン・ライトは次のように述べています。「転職にはメリットがいくつかあり、その一つとして転職成功者から聞かれるのは転職先において新たな職責を与えられ新しいスキルを身につけることができたということです。さらに、自分により合った仕事に就けた事、今まで希望していた仕事を行えるようになった事をメリットとして挙げています。日本全体で転職に意欲的な人材が増えており、企業側も、採用当日から企業の業績向上に貢献できる、実務経験の豊富な人材の採用に積極的になっている事から、転職の成功例が増加してきています」。

ヘイズ・ジャパンでは転職を考えている人へ次のようなアドバイスを提供します。

- 自分が転職に求めているものを知る:転職を通じてスキルアップをしたいのか、理想の仕事に就くためか、キャリア・アップ、報酬増、ワーク・ライフ・バランスの改善を目指すのか考えましょう。それがわかればあなた自身のみならず、転職アドバイザーも目的に合う仕事の選択が可能になります。

- 履歴書を用意する:まず連絡先から始め、学歴、資格、職歴の順に書きます。職歴では会社名、役職、主な職責を書きます。職責の欄には自身のセールス・ポイントを入れましょう。少なくとも2人から推薦状をもらい、挿絵や読みにくい字体を使わないようにします。スペルチェックも忘れずに。履歴書はあなたの最初の印象を決定づけるものですから、慎重に時間をかけ、書き間違いのないようにしましょう。

- 人材紹介会社を選ぶ:履歴書を用意したら人材紹介会社に連絡します。あなたの転職にベストな機会が提供できるよう、業界に精通し、その業界にネットワークを持つ、定評のある人材紹介会社を選びましょう。人材紹介会社は、あなたのスキルや経験を良く理解した上で、あなたに合った魅力的な仕事を紹介します。普段から人材紹介会社に連絡をとり、アドバイスを求めましょう。分らない事は遠慮なく質問してください。

- リサーチを行う:面接の機会を得たら、応募企業のリサーチを行います。ウェブサイト、年次報告書、自身のネットワーク、人材紹介会社などを通じて応募企業の事業をより深く理解し、自身の経験やスキルがどのように活かせるのか考えておきます。このようなリサーチから応募企業が属す業界やコミュニティを良く知る事ができ、応募先との関係が構築され面接のチャンスを得る可能性もあるのです。

- 想定質問による面接の練習を行う:面接でよくされる質問には、経歴、資格、経験、応募理由、キャリア目標などがあります。最初は「あなたの職歴を簡単に説明してください」という質問がよくあります。履歴書に書いた職歴から主な内容をここで話します。

- 予想外の質問に対処する:どんなに万全な準備を整えても、想定外の質問がなされる場合があります。どのような質問か事前に分かりませんが、自身のセールス・ポイントを思い出し、この質問の回答に入れ込んで、自身の強味としてアピールしてください。

- 第一印象が大切:第一印象は面接では重要な働きをします。外見、立ち居振る舞い、服装はビジネスマンとして相応しく見えるよう注意します。面接の10分前には到着し、面接官に会ったら、姿勢を正し、笑顔も忘れずに挨拶し、握手をするか名刺を差し出します。面接は一方通行でなく双方向の会話を心がけ、質問には正直に率直に答え、要点を絞って話しましょう。面接官全員があなたに注目しています。はっきりしない表現を使ったり、質問にあやふやな回答をするとあなたの評価に深刻な影響が出るでしょう。話を良く聴き、話の途中で割り込まず、聞かれた事だけに答えましょう。

- 面接の後で:人材紹介会社は応募企業に連絡し、面接の結果についてあなたにお知らせします。追加の面接や試験があればお知らせし、採用なら諸条件を一緒に詰めていきます。もし不採用の場合は、他の企業であなたに見合ったお仕事をご紹介します。

調査実施日:2011年11月
調査対象:過去1年間に転職した200名と、過去一年間に転職者を採用した人事課長、人事スペシャリスト、人事コーディネーター200名。

ヘイズ・グループについて

ヘイズ・グループは、グローバルな人材サービスを提供するスペシャリストの人材紹介会社です。世界32カ国*、257の拠点において、7,620人超の従業員が経験とスキルを備えた人材サービスをグローバルに提供しています。

ヘイズ・スペシャリスト・リクルートメント・ジャパン株式会社について

ヘイズ・スペシャリスト・リクルートメント・ジャパン株式会社は、ヘイズ・グループの日本法人として2001年に東京で設立されました。同社は日本で唯一、東京赤坂本社、新宿支店、大阪支店の3つの国内拠点を擁する外資系人材紹介会社です。「経理・財務」、「金融」、「ファイナンス・テクノロジー」、「人事」、「ヘイズ・リース・マネージメント」、「インフォメーション・テクノロジー」、「保険」、「法務」、「ライフ・サイエンス」、「オフィス・プロフェッショナル」、「不動産関連」、「セールス&マーケティング」、「サプライチェーン」の13の専門分野に精通したコンサルタントが豊富な知識と経験をもとに、正社員から契約・派遣社員まで、企業の人材採用や個人のキャリアアップを支援しています。

* 日本をはじめ、オーストラリア、オーストリア、ベルギー、ブラジル、カナダ、チリ、コロンビア、中国、チェコ共和国、デンマーク、フランス、ドイツ、香港、ハンガリー、インド、アイルランド、イタリア、ルクセンブルグ、メキシコ、オランダ、ニュージーランド、ポーランド、ポルトガル、ロシア、シンガポール、スペイン、スウェーデン、スイス、アラブ首長国連邦、イギリス、アメリカの計32カ国

本件に関するお問い合わせ先: ヘイズ・スペシャリスト・リクルートメント・ジャパン株式会社
朝倉 03-3560-2813
E-Mail:keiko.asakura@hays.co.jp

Hays PLC





Source: Hays PLCCopyright 2012 JCN Newswire. All rights reserved.

jcn

トピックスRSS

ランキング