OKI、高周波帯域に対応した車載向けEMC試験を提供開始

JCN Newswire / 2012年3月27日 13時49分

Tokyo, Mar 27, 2012 - (JCN Newswire) - OKIグループの信頼性評価と環境保全の技術サービスを展開するOKIエンジニアリング(社長:浅井 裕、本社:東京都練馬区)は、車載向けのEMC試験(電磁両立性試験)を拡充し、高周波帯域に対応した車載用の電子機器の妨害波耐性試験(イミュニティ試験)を2012年3月27日より提供します。

昨今、利用が拡大している大容量のデータを高速でやり取りできる移動体通信システムは、2GHz以上の高周波帯域を利用します。そのため、高周波の電磁環境下でも誤動作しない電子機器が求められています。また、自動車メーカーの個別規格では高周波のレーダーパルス(注)に対する耐性が要求されています。このような背景から電子機器の妨害波耐性を図るイミュニティ試験の需要が高まっています。

このたび、OKIエンジニアリングは公益財団法人日本適合性認定協会(JAB)認定のEMCセンタ(埼玉県本庄市)に高周波・高出力アンプを増設して試験環境を整備しました。車載コンポーネントのイミュニティ試験規格「ISO11452-2」の要求範囲は200MHzから2GHzですが、新たに提供する車載向けイミュニティ試験の最大照射周波数は従来より2GHz高い、4GHzまで範囲を広げました。これにより、高周波帯域の耐性を調べるレーダーパルス試験、携帯無線試験やその他の車メーカー独自規格の試験に対応できるようになりました。今回の設備導入により車載規格と民生規格に対応した総合的なEMC試験を提供します。

OKIエンジニアリングは今後も試験技術の向上や設備の充実を図るとともに、JAB認定EMC試験所として認定範囲の拡大をめざしていきます。

【販売計画】
価格:試験項目により個別見積り
販売目標:車載向けEMC試験全体で2012年度に6000万円

【用語解説】
※:レーダーパルス
空港や軍事設備等のレーダーシステムからの放射電磁波のこと。レーダーパルス試験はそれに対する車両の耐性評価試験。

【リリース関連リンク】
「車載(電装)対応EMC試験」紹介サイト
URL: http://www.oeg.co.jp/emc/auto_emc.html

沖電気工業株式会社

OKIは米国でグラハム・ベルが電話機を発明したわずか5年後の1881年に創業した、日本で最初に電話機を製造した情報通信機器メーカーです。先見性と勇気をもって果敢に挑戦・行動するという、創業以来の「進取の精神」を連綿と受け継ぎ、ブランドスローガン「Open up your dreams」のもと事業展開しています。現在、「金融システム」「通信システム」「情報システム」「プリンタ」「電子部品・モジュール他」の5つの分野において、OKIグループは社会の発展に寄与する最先端技術の商品・サービスをお客様にお届けし、世界の人々の快適で豊かな生活の実現に貢献しています。詳細はこちらからご覧ください。 http://www.oki.com/jp/



Source: 沖電気工業株式会社

Contact:

本件に関する報道機関からのお問い合わせ先
OKI 広報部 永野
電話:03-3501-3835
e-mail:press@oki.com

本件に関するお客様からのお問い合わせ先
OKIエンジニアリング EMC事業部
電話:0495-22-8411
お問い合わせフォーム URL: https://www.oki.com/cgi-bin/inquiryForm.cgi?p=k039 
Copyright 2012 JCN Newswire. All rights reserved.

jcn

トピックスRSS

ランキング